新着情報
Information

3/1-5 京の暮らしと年中行事「上巳の節句展」@京都市上京区役所 be京都もお手伝いさせていただきます 

2021.02.22

 

3月3日は、五節句のうちのひとつ、「上巳の節句」。

京都市上京区役所では、「上巳の節句展」が開催されます。

 

上巳とは、旧暦三月の最初の巳(み)の日のことをいいます。

古来、奇数が重なると陰が生じるとされ、節句の日には邪気祓いの行事が行われてきました。

 

平安時代には人の身代わりとして紙や、藁で作った人形を川に流して厄災(やくさい)を祓ったといわれており、これが日本におけるひなまつりの起源とされています。

 

 

また、室町時代には屋内に人形を飾るようになり、江戸時代には子どもたちの健やかな成長を祈り、女の子の初節句を祝う形となるなど、広く親しまれてきました。

 

また、上巳の節句は「桃の節句」とも呼ばれ、桃の生命力にあやかり、桃の花を酒にしたした桃花酒を飲み、蓬餅(草餅)を食して邪気を祓いました。

 

皆様の無病息災とお子様の健やかな成長をお祈りし、ひと足早い春を感じていただきたく、企画いたしました。

 

主催 上京ふれあいネット運営業議会
監修 らくたび
協力 小川特別養護老人ホーム、有職京人形司 大橋弌峰、国定織物㈱、J LIFE gifts、
おきにのうつわ、北洞㈱、フラワーデザインimage、ブライダルハウスオエ、石立ゆきな、299屋、
てまり豆鈴、塩芳軒、上京ちず部、be京都