新着情報
Information

12.17(土)~12.22(木)時の薔薇(京都精華大学芸術研究科 陶芸分野作品展)

2022.10.20

時の薔薇

 

この地球には、「砂漠の薔薇」と呼ばれる石が存在します。これは、かつてオアシスがあった場所で、ゆっくりと水が干上がっていくときに、水分中の様々な物質が結晶化し、薔薇の花のような形に成長したものです。

 

陶芸は、土を素材とした試みです。水を含んだ粘土に自身の考えや希望を込め、それが乾くまで、時間をかけて形を創造していきます。このようにして完成した作品はまさに、オアシスで生まれた石の花と同じように作者の「結晶」なのです。

 

長い年月を経て小さな砂の粒が集まり、オアシスの象徴として咲く「砂漠の薔薇」。焼成を経て、粘土からセラミックへと変化した陶芸作品。

どちらも悠久の営みを想像させるものであると考えます。

 

京都精華大学で陶芸を学んだ私たち4人が、どのように土と向き合っているのか。「時の薔薇」をテーマに、それぞれが自問自答を繰り返し、本展に向けて制作してきました。

 

私たちが今回発表する作品が、陶芸の新たな一面を指し示すことで、見る人の好奇心や探究心を喚起し、まだ見ぬ世界へ大冒険に向かう子どものように勇気を湧き上がらせるようなものになることを願っています。

 

京都精華大学芸術研究科 陶芸分野
曽 薈茹 丁 瑞含 詹 凱婷 吉田 麻央

 

 

会期

2022.12.17(土)~12.22(木) 11:00-17:00

※最終日16:00まで