エデュケーションプロジェクト

ごあいさつ

Art for Education be-kyoto

「Art for Educationー生きる喜びを芸術とともに」

子どもから大人まで、学ぶことが新しい発見につながる、そんな1日を創出するため夏休み、冬休みの長期休暇を利用した企画の立案。 夏休みに機材を全部持ち込んで、町家の土間で出張ステンドグラス教室をはじめたのがきっかけでした。 せっかくならbe京都全スペースでいろんな教室ができたら楽しいのでは、という発想から2011年より委員会を組織し約10教室を2日間開催。 2014年からは「京都府無形文化財保持者 竹中浩先生と学ぶ~暮らすように楽しむ美術塾」を開催し、 文化芸術を通じた豊かな心を提案しております。

さらに2014年アート関連の寄贈・所蔵本を自由にお読みいただける「小さなアートの図書室」も定期開催。
生きる喜びが芸術とともにあることを願い、様々な企画を立案しております。

採択実積

● 京都府地域力再生プロジェクト
● 子どもゆめ基金採択事業
● 京都市上京区まちづくり活動支援事業

開催事業map

子どもから大人までの幅広い年代の方が、生活性・専門性を軸に様々な企画を学び交流できるよう展開。

開催事業map

取組活動

最新情報

特別企画MOE絵本グランプリ受賞作家 荒戸里也子先生を囲う茶話会、きったら、まる!原画展のご案内

「絵本作家を目指す方へ、おすそわけしたいとっておきのお話」

奇想天外でお茶目なストーリーが人気の絵本作家 荒戸里也子先生との茶話会を企画しました。絵本作家を目指すイラストレーターさん、デザイナーさん、絵本づくりに興味のある方、荒戸先生と一緒にお話ししませんか? 一冊の絵本を作る過程や、その楽しみ・苦労など、生の声がきける貴重な機会です!「きったら、まる!」原画展も同時開催。

日時 2017年7月16日(日)10:30~12:00
参加費 3000円
定員 30名様(要予約・先着順)
会場 町家ギャラリーbe京都

◎原画展示:10:00~17:00・入場無料。絵本やポストカードも販売。

‘伸びる力’をたくわえる おはなし倶楽部KIDS

主人公の気持ちにどっぷりつかり、豊かな感性を磨きましょう。 プロのナレーターと読むことで、声に出して読む楽しさを知ります。 さらに、おすすめ本を紹介しあってみましょう。 言葉で伝える、表現することを講師がサポートしながら進めます。

日程 2016年8/7(日) 9/10(土) 11/12(土) 12/11(日) 11時~12時30分
参加費 無料
定員 10名程度
対象 小学生以上
講師 梅村みずほ(ナレーター)
内容 ① プロのナレーターによるミニ朗読ライブ
② 声を出すウォーミングアップ
③ 本の世界を伝えるには
④ おすすめ本を紹介してみよう

予約優先(開催の2日前までにお申込みください。当日空きがあれば参加可)
その他 1回のみの参加可。
子どもゆめ基金の採択を得て無料開催が実現しました。
充実した開催にむけて、開催時間は厳守したいのでご協力をお願いします。
特典 全参加してくれたお子様には、オリジナル早口言葉集をプレゼント!
採択

小さなアートの図書室に「ディアブック」コーナーができました!

アート関連の所蔵図書が300冊を超えたことを機に、2015年より毎月第2土日月の3日間限定で開催している「小さなアートの図書室」に新コーナーが生まれました。 「本を通じた人の和づくり」「世代間を超えた交流」を目的に、エピソード・メッセージを添えておすすめの本を紹介するという取組。 知らない誰かに想いを共有することができ、本に添えられたメッセージを通して交流のきっかけづくりになることを願い企画しました。 上京区長、地域の雑誌編集者、絵本作家さん、パソコンの先生、京都市上京区のキャラクター「かみぎゅうくん」もオススメ本を紹介!

■上京区まちづくり支援事業 京都府地域力再生プロジェクト
公開日時 毎月第2土日月 11時~17時


  • ディアブック展示イメージ

  • 小さなアートの図書室開催風景

  • おはなしクラブ開催風景

小さなアートの図書室

毎月第2土日月 11~17時開催

町家水族館